乳首がカサカサなんて言わせない!彼氏も唸った私のケア方法

乳首がカサカサって彼氏に言われてショックを受けた

ある日の彼氏とのお泊りデートの時に「乳首がカサカサしてるよ」
しかも事の最中に言われたんです・・・

 

終ってからまだしも、なんで今そいうこというの?まったくデリカシーがない男!
なんて心のなかで思いましたが、怒りよりも先にショックを受けました。


ただでさえ、胸の小ささにも悩んでいるのにさらに乳首がカサカサしてるなんて・・・
次の日に一緒にお出掛けする予定だったのですが、「ごめん。今日はもう帰る」と言って
ヘコみながら家に帰りました。


でも、よくよく考えてみると、最近自分でも乳首を見た感じ少し白くて粉をふいている頻度が高かったので時乾燥気味だなっていうのは少し思っていました。
なので正直彼が言ったことには間違いありません。。間違いはないのですが・・・
好きな人に言われるってやっぱりショックでした。


それからというものの、このカサカサをなんとかしないとエッチの時、気まずくなるし。このことで萎えられたらショックだし。そんな事ばかりずっと考えていました。


彼氏に言われなければカサカサここまで悩むことはなかったかと思いますが、いつしか何かいい方法はないものかと仕事のお昼休みや通勤中など、時間さえあれば乳首のケア方法を調べるようになっていました。

 

そして、乳首のケアをするようになってからカサカサが治り、それだけではなく見ただけで潤っているのが分かるようになりました。

乳首がカサカサになるよくある3つの理由

女性の体は繊細な造りをしています。特に女性のシンボルである乳首はとてもデリケートなんです。
原因を色々ありますが、よくありがちなことを3つに絞りました。

 

  1. ゴワゴワする下着で乳首が擦れて肌が荒れる
  2. 痒くてポリポリしてしまう
  3. お風呂でゴシゴシ洗っている

 

ほとんどが乳首のカサカサの原因は乾燥だと感じているとおもいますが、
意外にも乾燥よりも刺激が原因でカサカサになる可能性の方が高いということです。


考えてみればそうですよね。乾燥とは外気に触れていることで起こること。乳首はブラに守られているわけですから乾燥するはずがありません。

 

ではどうしてカサカサするのか。乳首が日々刺激を受けてその積み重ねによっていつのまにかカサつくことの方が自然といえるのではないでしょうか。

 

乳首の刺激を抑えるにはどうしたら・・・
勘違いしがちなのはブラをしているから刺激は抑えられているということです。

 

でもこれって乳首がブラに触っていますから摩擦があるので間違いです。
乳首の刺激を抑えるには

 

  • 化粧水を付けて保湿をしておく
  • 繊細な布(絹)を挟んで擦れないようにする

 

多くはこんなところでしょうか。でも、これって根本から治るわけではなく一時的なことで気休め程度です。
やめればすぐにまたカサカサは再発してきてしまいます。

乳首のカサカサだけじゃない!もっと嬉しいことが!私のケア方法

先ほどお伝えした刺激を抑える方法は、結局は一時的でしかありません。
一時だけのことを考えると、だんだんと面倒になってきて終いにはカサカサした時しかケアを行わなくなります。


しかも私の場合彼氏との関係があります。最中の時に化粧水を付けてごまかしていると舐められた時に苦いってことになって絶対バレます・・・

 

また、絹で擦れないように守っていたって、触られたら今まで大事に擦れないように守っていたのに台なしなんてことになります。

 

そこで見つけたのが、ホワイトラグジュアリープレミアムっていうクリームです。
肌に刺激を与えるものは一切使ってない、独自処方ですごい浸透性を実現したクリームです。

 

でもこの手の商品を使うならワセリンで十分でしょ。って思っていましたが、
彼氏に言われて根本から治したいと思っていたので購入して試してみました。

 

使い始めて2~3日でカサカサは取れて満足してしまいましたが、
クリームが残ってもしょうがないと思って使いきるまでぬりぬりしていました。

 

どのくらいでしょうか・・・1ヶ月ぐらいでしょうか。もうすぐで使い切るというところで思わぬ展開に。
初めてぬりぬりする時より乳首に潤いがでてきたのです。

 

ちょっと高価ですが、他のクリームでは潤いまで出ないだろうし、美容成分も入っているクリームなんてまずないと思います。彼氏とのエッチの時は彼が思わず「すごいしっとりしててイイ」とあの時との言葉とは全く違う一言でした。


このクリームに出会えてよかったと心のそこから思っています。

 

→ホワイトラグジュアリーの詳細を見る